FC2ブログ

週刊少年ザビエルえろす~SMのすすめ21世紀~

SMでセックスを楽しくしよう推進委員会 presented by SM MiRACLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【調教レポートe0899】ある熟女の1年の変化 ~うさ耳浣腸ファック~


e0899_1.jpg

彼女がミラクルでその痴態を晒すのは、これが4回目。
途中1年ほどの空白があった。
それにしても、女というものはたった1年でここまで変わってしまうものなのか。
見た目だけの話ではなく、彼女の場合、その性情までもが大きく変化しているのだ。
それも今年36歳の熟女が・・・

去年の今頃、まだ地味だった頃につけていた眼鏡をかけた彼女が、恥ずかしい格好で拘束されている。
みるみるうちにテラテラと湿り気を帯びていく肉壺。
剥き出しの陰部に強く息を吹きかけると、それだけで声を漏らす始末。

「こんなオッチャンに色々いじくられて・・・ますますおまんこ濡れちゃんだよなぁ?」
「すっごいヒクヒクしてるねぇ。。。お豆が・・・」

嬲りながらいじってやると、たまらず声を上げ、おまんこをさらにヒクつかせてしまうのだった。

e0899_2.jpg

「ぃ、、、ぃ、、、ぃ・・く・・・」
貴子の高まりを遮るように、「我慢しろよ。」と寸止め。

「いきたいか?」と問うと、うなずく彼女。

しかしまた触るのを再開してやると、小刻みに震えながら「だめだめ・・・」などと言ってみせる。
指を挿しこんで拡げてやると、とても気持ちよさそうな声。
1年前に比べて、明らかに感度が上がっているようだ。

顔を赤面させながら、なかなかに胸に響く良い声を鳴らしながら、そのまま昇天。
しかもおし・こまでも漏らしてしまう貴子なのだった。

「こっちも丸見えなんだ。。。」
そう言って尻穴をついてやると、これまたビクンと腰を跳ねさせ天を仰ぐ。

出し入れする度にだらしなく声を漏らし、
「あぁ、だめ、だめ、だめ・・・ぁぁぁああぁああああ」と、盛り上がっていく彼女。
そして、背中から尻、太腿にかけての筋肉を締め付けながら、アナルでも昇天してしまう貴子なのだった。

これが一年前の彼女と同じ人物とは、、、なかなかに信じがたいものがある。

e0899_3.jpg

尻穴奥から、子宮の裏側を刺激されて声を失う貴子に、「ご褒美だ。」と、肉棒をしゃぶらせる。
しゃぶらせたまま腰を動かし抽送する、まるでモノのような扱い。
一物が硬くなったところで、後ろから挿入してやる。
早速大きな声を上げて感じてみせる貴子。
突然挿れられてもこんなに感じてしまうというのも驚きだが、入れて1分も経たずに「ぃ・・く・・・」と漏らしたのにも驚かされた。
大して腰も振ってないし突き込んでもいないのに、この始末なのだから。

そして、
「おまんこだけじゃなくてな、お尻にもプレゼントあげよう。」と、ガラス浣腸器で浣腸液を注入。

そのままスパンキングしてやると苦悶の声をあげる彼女。
「あぁ、だめだめ・・・・だめぇっ!でるでるでる・・・!」

・・・キラキラと光る液体が、肛門から射出してしまうのだった。

e0899_media.jpg

もう一度浣腸液を注入し、今度はさらにちんこを挿入。
「ハッ、ハッ、ハッ・・・」という犬の様な喘ぎ声に合わせて、「ピュッピュッピュッ」と、肛門から液体を射出してしまうのだが、それでいて「気持ちいい」などとのたまっているところが、貴子のどうしようもないところである。

その後も肉棒で膣奥を貫かれ、かなり感じている彼女。
完全に女の悦びに覚醒してしまっている・・・。

なんとも良い喘ぎ声を上げながら、顔を歪ませて何度も昇天するのだった。。

貴子は人妻にして2児の母である。
1年前、彼女がミラクルにやってきた時には、幾何かの罪悪感のようなものが、まだ彼女にあった。
あの時掛け違ってしまったボタンのズレは、1年の時を経た今、もはや修復不能なほどに広がってしまったようだ。

調教の様子はコチラで公開中。よろしければどうぞ。
http://script2.sm-miracle.net/access/?id=1001&j=movie3&n=e0901

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。