FC2ブログ

週刊少年ザビエルえろす~SMのすすめ21世紀~

SMでセックスを楽しくしよう推進委員会 presented by SM MiRACLE

【調教レポート0749】儚い症候群 ~宙吊りに震える痩せた身体~

「トラウマ故に歪んだ、被愛への渇望」

愛らしさの理由


SMというモノは、女性の内面を引き出すものであり、それが為、女性の魅力を引き上げて見せる事がままある。
今回の調教はそうしたSMの特徴が顕現したと言えるかもしれない。

彼女のルックスは決して美しいとはいえない。
だが、だからこそ・・なのか、彼女が可愛らしく感じられる・・・という現象が起こっている。

これから始まる調教を前に浮かべる不安そうな表情も、手持無沙汰に遊ばせている両腕も。
豊満とは言えない心細げなバストも・・・。
観るものにその「か弱さ」を伝え、故に愛らしいと思わせるのだろう。


少女の様に・・・


彼女の着ているキャミソールからは、うっすらと、だが黒々と乳首が透けている。
既に硬く勃起させてしまっていて、それが反対に彼女の小振りな乳房を際立たせ愛らしい。

唸るように響くローターの振動音に合わせるように小さく喘ぐさやか。
手持無沙汰に腕を身体の前で組み、押し殺すように感じている
可愛いらしいものだ、まるで少女のように快楽を恥じているのだ。


吐息


ローターをショーツの中に押しやると、か細かった嬌声は一際大きくなる。
そうして充分に身体を敏感にさせた上で、麻縄を入れるのだ。
柔肌に縄が食い込み、吐息でその快楽を訴えるさやか。
片足を吊り、陰部や乳首をいじってやると、悩ましげに腰をくねらせて反応する。



そして完全宙吊りへ・・・


両足を吊り上げ完全宙吊り状態に。
一切の自由がきかないこの状態。
彼女の憧れである「だるま女」には及ばないものの、少しは気分を味あわせてやろうというわけだ。

バイブを挿入してやると、腹筋を震わせて感じるさやか。
嬌声には切なさが燈っていく・・・。

コチラで公開中。よろしければどうぞ。
0749.jpg 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Leave a comment