FC2ブログ

週刊少年ザビエルえろす~SMのすすめ21世紀~

SMでセックスを楽しくしよう推進委員会 presented by SM MiRACLE

【フェチ】この女子アナがMだ!!<前編>

さて、突然ですが、およそ1年半の沈黙を破っていきなり更新の時が来ました!
いやー、「週刊」と銘打っておきながら非常に申し訳ないですが、
週刊ジャンプの某作家さんとかね、やたら休載が多いのが当たり前みたいな風潮がある世の中ですしね?
所詮アダルトサイトの人間がお届けする無料コンテンツなんてこんなモノ・・・って事で、お赦し願けませんかね?

・・・う~ん、いや、本当は本当にごめんなさいと思ってます。
そんな人いねーかなと思いつつも、万が一更新を楽しみにしてくれている方がいたとしたら、なんだか胸が痛いです。

まあ、今後も不定期っぽい雰囲気になるかなとは思うんですが、
もうちょっとちゃんとやっていきたいなぁと思っています。

さて本題に入ります!
皆さん!女子アナは好きですか?
54d1ee5b2c026.jpg



何?興味ないって?
14ba439e.jpg

確かにキャピキャピしたアイドルもいいでしょう・・・なんせ若いしね・・・まあ肌の艶が違うやね・・・って、
いかん!
いつの間にか非女子アナ層に賛同する流れになってしまった。。。

分かりましたよ。
確かにアイドル・・・・ってゆーか、若い女は素晴らしい!
それは認めますから女子アナの魅力も認めてくださいよ?
今日はね、その為に色々述べさせていただきますから!

といっても、ただ女子アナの良さをあげつらっても面白くないんで、
今回、わたくしこういうモノを用意しました。

題して、「2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!」

週刊ポスト2015年3月20日号(多分)に掲載された「不倫したいランキング」に選ばれた女子アナたちから、
ザビエルの独断で、「コイツはMだ!」という女子アナをノミネートし、ベスト3を決定しました。
はい、拍手!!


あ・・・あのぅ・・・、は、拍手お願いします!



ありがとうございます。
まずはノミネートされた「不倫したいランキング」に選ばれた女子アナ達を見ていきましょう。

1位:加藤綾子(29歳、フジ)
2位:杉浦友紀(31歳、NHK)
3位:田丸美寿々(63歳、元フジ)
4位:夏目三久(30歳、元日テレ)
5位:八木亜希子(49歳、元フジ)
6位:大江麻理子(36歳、テレ東)
7位:近藤サト(46歳、元フジ)
8位:竹内由恵(29歳、テレ朝)
9位:山本モナ(39歳、元朝日放送)
10位:膳場貴子(40歳、元NHK)
10位:大橋未歩(36歳、テレ東)
<ソース>http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150313/Postseven_308456.html

ん?なんだこりゃ!ババアばっかりじゃねーか!
20代の選出はたった2名!
シブイなぁ・・・こんなんからM女3人も決めなきゃいけないのかよオイ!
045ef06d.jpg

てゆーか、63歳のアナウンサーと不倫したいってオイ・・・。
どーゆーつもりなんだよ、いい加減にしろよ!そっとしといてやれよ!
確かにこの年齢でこの質を保っているってのはちょっとスゴいけども、それが3位・・・だもんな。
hqdefault2.jpg

アラウンド60世代の一番人気ってワケですかね???
ん?そういう見方をしてみても面白いかもしれん!

聞くところによるとこのランキング、
世代間の偏りを極力なくすため、20代、30代、40代、50代、60代以上の男性それぞれ100人ずつ、
合計500人を対象にインターネット調査を行なったランキングだそうなので、
各世代の人気がそのまま出てるってワケですよ。
まとめるとこうですな。

↓↓↓

●アラサー
全体1位:加藤綾子(29歳、フジ)/全体2位:杉浦友紀(31歳、NHK)
全体4位:夏目三久(30歳、元日テレ)/全体8位:竹内由恵(29歳、テレ朝)

●30代中盤
全体6位:大江麻理子(36歳、テレ東)/全体10位:大橋未歩(36歳、テレ東)

●アラフォー
全体9位:山本モナ(39歳、元朝日放送)/全体10位:膳場貴子(40歳、元NHK)

●40代中盤
全体7位:近藤サト(46歳、元フジ)

●アラウンド50
全体5位:八木亜希子(49歳、元フジ)

●アラウンド60
全体3位:田丸美寿々(63歳、元フジ)

なるほどなぁ・・・。
それにしても、八木亜希子・・・近藤サト・・・懐かしい、懐かしいと言わざるを得ない。
根強い人気なんですね、このあたり。
完全にバブルの匂いしかしてきませんが、まあいいでしょう。

元々企画としてはベスト3だけ決めればいいんですが、
どうやらわたくし、1年以上もこのブログを放置したワリに根がマジメなようで、
ちゃんと11人全員(元のランキングの10位が2人いたので11人いました)
を分析して順位付けないとベスト3を決められませんでした。
せっかくなので、予定変更して、しっかり11位から発表していきたいと思います!!


2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★11位★

膳場貴子(40歳、元NHK) 
zenba3.jpg

実家がエライ名家みたいです。
そういう自尊心に加えて、幼少期を西ドイツで過ごしたそうなので、Mってこたぁ無さそうですよね。
(ドイツの気骨溢れる土壌でM女って・・・あんまりイメージ湧かないですよね)
それにほら・・・この人の眉間に皺を寄せた表情で見下してほしいっていうか・・・
この人はSの方が興奮しません?
という事で、当然M女ランクは最下位となりましょう。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★10位★
夏目三久(30歳、元日テレ) 
natsume.jpg

ファンの人にはゴメンナサイなんですけど、僕、なんかコイツ嫌いなんですよ。
目の奥の光がね?なんか世の中ってゆーか、人間を舐めてるってゆーか、そういう気配を感じるんです。
こういう女がMって事はないと思うんですよね。
多分ハイヒールでM男を踏んづけてる内に、本性出てくるタイプだと思うんですわ。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★9位★

八木亜希子(49歳、元フジ)
yagi2.png

つかみどころが無いお方です。
正直SもMもいけそうだし、判断が難しい。
てゆーか、これだけ芸歴長いのに、引っ掛かりになるようなエピソードが少ないんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2000年当時、八木アナが同僚の野島卓アナ(48才)と同棲していたが、
彼には局内に別の恋人がいることを『週刊ポスト』がスクープ。
“局内二股”に激怒した八木が野島を家から追い出し、破局を迎えるという大騒動になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
って話くらいで、これってなんか普通の痴話喧嘩ですしね。

あれだけ一世を風靡しておきながらこのエピソードの少なさ。
この隙の無さ自体が逆に、M的じゃねーなって部分に繋がるワケでして・・・。
てゆーか、八木アナがもう49歳かぁ・・・時の流れは速いっすなぁ。。。




2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★8位★

田丸美寿々(63歳、元フジ)
hqdefault4.jpg

写真はいつのなんだか分かりませんが、とにかくロングロングタイムアゴーです。
当時からして完全に女傑にみえますがね、実は色々ある人みたいなんですね。

広島県出身の彼女は、5歳からの5年間をカリフォルニア州で過ごしたようです。
そして小4の時にアメリカから帰国し、東京に引っ越したそうなんですが、
そこで広島弁を笑われ苛められ、高熱が続き登校拒否になった経験があるとか。
その卑屈な経験は魂に刻まれている筈というのがひとつ。

そして、1982年に妻子あるジャーナリストとの不倫が報じられ、翌年結婚。
「略奪婚」と報じられた事からも分かるように、社会通念を超えたところで性と向き合ってる気配を感じるというのがひとつ。

これらの理由からMである可能性は大いにあると思うんですが、
どうも報道系の人がMっていうのがあまり現実的に受け止められないんですよね。
とゆー事で、上位に食い込むほどではないと判断しました。
tamaru.jpg
それにしてもこの63歳にしてこの美貌・・・お見事というほかありませんね。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★7位★

大江麻理子(36歳、テレ東)
oe5.jpeg

この人、仕事の面での弄られ方が半端ないっすね。
バラエティ系の女子アナだったらコスプレくらいはみんなやらされてますけど・・・

oe10.png
oe11.png
oe.png

どうでしょう?ちょっと制作側にある程度確信が無いと、ここまではいじれなくないです?
そういう面からして、M性を感じさせるんですが、う~ん。
三国志が好きだったというエピソードや、マネックス証券創業者の松本大と結婚している事から、
ある種の計算高さも備わっていそうな気も・・・う~ん、見切りが難しいわ。



さて、11位から7位まで紹介してきましたが、ちょっと記事が長いっ、長すぎるっ!!
なので今日はここまでとさせていただきます。
次回、6位から1位までを発表しますので、乞うご期待!!

 ▼後編はコチラ


                   ●このブログの読み物コンテンツ一覧はコチラ

                   ●このブログのSM動画upもの一覧はコチラ



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment