FC2ブログ

素人M女応募型SM動画「MiRACLE」のブログ

素人女性の調教情報や、期間限定の無修正SM動画を毎日紹介。このブログを読めばMiRACLEの裏側が全て分かる!(旧週刊少年ザビエルです。)

【フェチ】この女子アナがMだ!!<後編>


▲前編はコチラ

はい。
というわけで、前回に引き続き、「2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!」の選考結果を発表していきたいと思います。

前回は、

 7位:大江麻理子(36歳、テレ東)
 8位:田丸美寿々(63歳、元フジ)
 9位:八木亜希子(49歳、元フジ)
10位:夏目三久(30歳、元日テレ)  
11位:膳場貴子(40歳、元NHK)

というところまで発表しました。
寸評についてはこちらをご覧ください。

でわでわ、6位から1位まで行ってみようー!

2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★6位★

加藤綾子(29歳、フジ)
kato.png

ハイ、ここで出ました。
みんな大好き(?)カトパンですね。

世界最高のサッカー選手クリロナの前で強烈なメスモードを曝した1件はあまりにも有名ですが、
その事からも分かるように、基本的にビッチ路線のMと判断します。
まあバラエティでやっていける時点で、長いものには巻かれるマインドというか、M性が無ければ難しい気もしますしね。
また学生時代は音楽の先生を目指していたというエピソードからそれなりにMの資質があるとみます。
但し、女子アナとして人気が出る前に、後輩アナの原稿を隠したり・・・なんてことをやったという説もあるので、その辺が減点対象です。
所詮噂話の域を出ませんが、火の無いところに煙は立たずという事で・・・。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★5位★

竹内由恵(29歳、テレ朝)
takeuchi.jpg

なんでしょうね?この人の色気は・・・
ナチュラルに男に媚びたビジュアルというか。

さておきこの人、格闘技が好きらしいです。
う~ん、この時点でMかなと思いますよね。
自分自身が闘うというならいざ知らず、
やはり強い男に憧れるというのは、それだけで従属願望を醸しているように思います。
さらにいうと好きなアーティストがMr.Childrenという事からも、なにやらM性を感じられます。

但し、小4~中3という女としての価値観に大きな影響を与えるだろう時期に、
アメリカ、スイス、イギリスに住んでいた事で、レディファーストな社会感覚を自然と身に着けてしまっていると思うので、純粋なM性は弱いであろうと推察し、5位止まりとしました。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★4位★

山本モナ(39歳、元朝日放送) 
mona1.jpg

彼女、広島出身なんですね。
これはホント勝手な偏見ですが、広島の人は気骨がありそうな感じがするんですよ。
つまりM的ではない・・・。

さらに言うと、彼女はウェールズ大学でMBAを取得してます。
こりゃ完全にS寄りだろ!顔も濃ゆいしな!

と思って、掘り下げてみたら、彼女、意外とMかも?

お父さんがノルウェー人航海士だったそうなんですが、
モナさんが小学校4年の時(1985年)に父親の勤め先である三光汽船が倒産したため、
父親は解雇されノルウェーに帰国。
それ以降一度も会うことなく既に他界しているという。
・・・なんだ、哀しいじゃないか!

そして実家は尾道で老舗山本旅館を経営。
旅館・・・旅館かぁ。
奉仕の心を持ってないとできない仕事だよねぇ。
自分がそこで働いてなくても、そういう親の姿には影響受けるじゃんか!

こりゃアレか・・・
コンプレックス反動型のインテリちゃんかもしれないなぁ。
実はかなりいいコなのかも。

元巨人の二岡との不倫にしても、
二岡自体が今でも絶対トラウマだろ的な結構可哀相なエピソードあるしね・・・
(ご存じの方も多いかと思いますが、高校時代の二岡氏の試合を観戦する為、球場に向かう途上、お父さんが交通事故に遭い、それが元で亡くなってるんです。)

二人とも広島で同郷だし、シンパシー感じちゃったのかも。
モナさん広島県人の気骨が情愛に出たタイプなのかもしれん。
度重なる恋愛沙汰スクープも、男性依存型と見れば合点がいくし・・・。
う~ん、結論、けっこうMと見た!

但し、やはりMBAの取得というのは、自立心の強さを伺わせますので、惜しくもトップ3は逃す結果となりました。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★3位★

近藤サト(46歳、元フジ)
kondo2.png

彼女、岐阜県出身なんですね。
なんでも男児と女児で名前の画数が違う家柄だそうで、
男児には15画、女児には5画の名前なんですって。

すごいお高く止まった雰囲気のある人と思っていましたが、
このエピソードから幼少期の情操教育に男女差があった事は想像に難くないし、
彼女の場合、幼少期の留学経験もないようなので、M的な思想を邪魔するモノは少ないと見ます。

その上で、注目すべき案件は、
今年2月21日に亡くなった坂東三津五郎さんと、わずか2年で離婚した際の会見において彼女が口にした、
「私は結婚に対して子供ができることを望んでおりました。しかし、誰かの意思によって阻まれるというのは、私にとって理解できませんでした」
という発言。

すでに三津五郎さんには巳之助さんという後継者がいた為に、もし近藤サトにも男子が誕生した場合、
跡目争いで大問題が起きるため、子づくりを禁止されたことを明かし、それを理由としているわけです。

これをどう取るか?なんですが・・・
確かに少々攻撃性を孕んだ強い発言にも見えますが、
いかにもドロドロしてそうな梨園絡みの件だけに、ここに是非を問うのは難しいと判断し、華麗にスルーしたいと思います。

それに「サト」なんて名前をつけちゃう純和風(?)な家柄の美女がM女だとしたら、
こんなに素晴らしい事はないでしょう?
という事で3位は近藤サトに決定!



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★2位★

大橋未歩(36歳、テレ東) 
ohashi.png

スポーツ担当アナだったので、旧来男性社会然としたところに切り込む為には、ある程度M性無いとやっていけない筈。
という考察をベースに、彼女自身が、筋肉質の父やアメフトをやっていた弟のそばで育ったため、
筋肉フェチであるという点から、なにやらM性が立ち昇ります。
やはり筋肉というのは強さの象徴・・・強い男に憧れるというのは、それだけで従属願望を・・・(以下略)

さらに、彼女は2013年に脳梗塞で休養してるんですが、その復帰時も普通の女子アナなら大々的に取り上げられたがるところを、あくまで通常通りバラエティ番組の仕事をこなしただけ・・・という事で業界の評判も良いんだとか。
そういう、わきまえた姿勢からM女としての大きな資質を感じ、2位としました。
ohasi0.png
まあ色々要因を上げてはみたものの、↑この画像の雰囲気だけで、Mと断定しちゃってもいいような気も。。。



2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!
★1位★
杉浦友紀(31歳、NHK)
sugiura0.png

堂々の1位です。
この顔ぶれでは本命っちゃ本命でしょうが、一応寸評を。

大学在学中のミスコンで後のNHKアナ後輩に負けての準グランプリというあたりに、
女としてのプライドを持ちきれないであろう要因が覗きます。
コンプレックスというのはそのままM要素になりますからこれは大きなポイントです。

sugiura00.png

そして、付き合ってる男が同期のNHK職員であったり、
そもそもNHK入社を決めている時点で彼女の生真面目さが窺えます。
この生真面目さというのが曲者で、生真面目だからこそ、心の裏側に色々なものが溜まっていそうです。
そんな心のリミッターが壊れた時、いつもの生真面目な彼女はどうなっちゃうんでしょうか?

sugiura000.png

なんて色々言ってみましたが、この巨乳で、この顔ですからね?
単純にザビエル自身が縛ってみたいと思っちゃっただけかもしれません。
でもまあ、そう思わせてしまうという事自体がM女の資質ともいえるかもしれません。



いかがでしたでしょうか?
「2015ザビエル杯 この女子アナがMだアワード!!」

まあ、プロファイリングに使用した情報のソースはだいたいウィキペディアですし、
多分に個人的な希望を言っただけという気もしないではないですが、
ザビエル的には、無駄にいい線行ってる筈とか思ってます!

ん?
なんか目的が違っちゃったような気もするぞ?なんだっけ?
あ、「女子アナの魅力も認めてもらう」事が、この記事の目的だったんだなぁ。
う~ん、ちょっとここから始めるのは一苦労なんで、それはまた次の機会に!


                   ●このブログの読み物コンテンツ一覧はコチラ

                   ●このブログのSM動画upもの一覧はコチラ




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment