FC2ブログ

素人M女応募型SM動画「MiRACLE」のブログ

素人女性の調教情報や、期間限定の無修正SM動画を毎日紹介。このブログを読めばMiRACLEの裏側が全て分かる!(旧週刊少年ザビエルです。)

【M女レポート222】真逆の個性の親友二人が痴態を共有。 典子&富美恵

何故彼女達が二人並んで調教されているのか?
それを説明するには、まず二人の関係性を説明する必要があると思い、
以下にその内容をつらつらと書かせていただいた。

※ ※ ※ ※ ※

典子は寂しがり屋で人懐っこく、ちょっと惚れっぽいというか、男に誘われるとそれだけでドキドキしてしまう多感な女子だった。
はたから見ると、彼女はいわゆる「ビッチ」だった。

育った街の土地柄か、若くして浮名を飛ばす彼女の個性は浮いていた。
同性の同級生からは距離を置かれてしまう事が常で、教室では孤独な時間を過ごす事が常だった。

典子と冨美恵は元々友達ではなかった。
実は二人は通っていた小学校も中学校も同じだったのだが、同じクラスになった事は無く、進学後初めて同じクラスになった。

第三者に言わせれば、冨美恵は典子のいわば真逆の個性。
派手な典子に対して冨美恵は地味、奔放な典子に対して冨美恵は真面目。
そんな二人だから、それまでは運命が交わる事も無かった。

しかし、同じクラスになった事で二人の距離は近くなり、ついに会話する機会を得る。
(さらに具体的に言えば、二人は名字が近い為、席が近かった。)

いざ話してみると典子が悪いコだとは、冨美恵には思えなかった。
典子の悪い噂は聞いてはいたが、彼女自身は親しみやすく思いやりもあるコだと思ったのだ。
しかし、そんな冨美恵の印象とは裏腹に、せっかく進学し周囲の顔ぶれも変わったというのに、典子はまた孤立していってしまう。

そんな典子を、冨美恵は放っておけなかった。

「そういうのはやめた方がいいよ。」だの
「学校来なよ。」だの

冨美恵が色々と世話を焼いてくれるうちに、典子は冨美恵を好きになっていった。
それはレズビアン的な感情ではないと典子は言うが、なんでも話せるしなんでも共有したいと思うその感情は、単なる友人の枠を超えていた。

二人が接点を持ったあの日から1年半が過ぎ、
典子はついに恐るべき行動に出てしまう・・・


コチラで公開中。よろしければどうぞ。
222.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment