FC2ブログ

素人M女応募型SM動画「MiRACLE」のブログ

素人女性の調教情報や、期間限定の無修正SM動画を毎日紹介。このブログを読めばMiRACLEの裏側が全て分かる!(旧週刊少年ザビエルです。)

巨乳のお馬鹿さん、制服姿で緊縛調教の巻

e0552_cap.jpg

彼女からミラクルへのemailには、本人の顔写真が添付されていた。
顔を隠した恥ずかしい写真を送ってくるM女は数あれど、皆自分の顔写真を送るのは敬遠する。
いつもならこちらから送ってくれと頼んでも、渋がられてしまうほどだ。

宮前弘美、都内で働く20歳のOL。
それが今回応募してきた調教志願の女性だ。
待ち合わせ場所のカフェで待つ事15分、彼女が現れた。
お互い軽く会釈して席に着く。
自己紹介して世間話でお茶を濁し、徐々に本題に入る。

e0552_01.jpge0552_02.jpge0552_03.jpg

(以下、ス:ミラクルスタッフ、弘:弘美さん)

ス「・・・で、今回なんですけど、どうして調教を希望されたんですか?」
弘「え?あ・・・あの・・・理由ですか?」
ス「ええ、SMの経験とかお有りなんですか?」
弘「・・・い、いえ・・・な、ないです。」
ス「へぇ・・・それじゃまたなんで?SMに目覚めたきっかけとか…あったんですか?」
弘「い、いえ・・・その・・・特には・・・。」

不可解な回答である。
市民権を得つつある昨今といえど、SMの性癖というのはそれほどポピュラーなものでもない。
M性は誰にも眠っている性情ではあるが、それを求めるからには相応の理由があるものだ。
質問の仕方が悪かったのかもしれない、そう思い直しもう一度聞く。

e0552_c1.jpg

ス「なんていうかこう、SMに興味を持ったきっかけとかって覚えてます?」
弘「あ、あの・・・そういう理由とか…ちゃんとしてないと調教してもらえないですか?」
ス「いや、そうではないですけど、お話を聞いておいた方がより良い調教をできますし。」
弘「そうなんですか・・・。」

(しばし沈黙)

よほどのトラウマでもあるのだと思い、話を聞くのを諦めた・・・その時だった。

弘「・・・あ、あの実は・・・友達が勝手にわたしの事を送ってしまって・・・」

芸能人事務所のオーディションで良く聞くあれだが、今回はアダルト動画への出演が案件である。
それを顔写真まで添付して調教依頼のemailを送ったのが、自分ではなく高校時代の友人なのだと言うのだ。
それは悪質な悪戯としか言いようがないし、そういう理由なのであれば仕方ないと、
こちらから今回の撮影の中止を申し出たのだが、彼女は意外な言葉を告げた。

弘「あの…私大丈夫です、撮影・・・してください。」

やはり彼女には何かありそうな気がして、詳しく話を聞かせてもらう事にした――

e0552_c2.jpg

苛められてるわけではない、友達なのだと彼女は言った。
ようやくできた大事な友達なのだと。

しかしその大事な友達が何故こんな事を?
弘美さん自身はそう捉えていないようだが、どうやら彼女の友達は、高校時代、弘美さんに色々な無理難題をふっかけては、その反応を楽しんでいたようなのだ。
例えばエロ本を買いに行かせたり、バイブを買いに行かせたり、掲示板にエロ写メをあげさせたり。
そんな事が当たり前になってしまったのには、それなりの理由があった。

そもそも、小中学校で人間関係で様々な苦労をした弘美さんは、誰も知り合いのいない女子校に進学した。
ところが、男の視線のない女子校の人間関係の難しさは共学の比ではなかった。
弘美さんは人の輪に怯えながらも、嫌われないように心がけた。
共通の話題についていけるように努力もした。
その甲斐もあってうまくやれていた筈だった。
3年生時もクラスのリーダーグループに所属できたのだが、彼女達は異常に仲が良く、どうやら休日にも遊んでいるようだった。
だが弘美さんは呼ばれない。
ひとり取り残されているようで、それが怖くて仕方がなかった。

e0552_04.jpge0552_05.jpge0552_06.jpg

ある週末、ようやく弘美にも声が掛かる。
弘美さんは嬉しかった。
ようやく仲良くなれたのだと思った。
待ち合わせの場所にいくと、そこには年上の男達がいた。
個室のお店に入る一同、合コンであった。
お酒も飲んだ。
いけないとは思ったけど郷に入っては郷に従え。
それができなければ爪弾きにされてしまう。
2時間も過ぎた頃、弘美さんが処女だという話になる。

「えー処女なのぉ?」
「卒業しちゃった方がいいよ!」
「ねぇねぇ、このコ処女なんだけどもらってあげてくんない?」

「えっ!?いいよ、わたしはまだ・・・」

「大丈夫だよ、みんなもうヤってるし!」
「今日だって弘美の為にセッティングしてあげたんだよー?」

断ってはいけない雰囲気だった。
小中学校時代の悪夢がフラッシュバックする。
断ればまた1人に戻ってしまう。
SEXすれば?そうしたら友達でいれる?
交錯する感情の中で、弘美さんは皆の面前でSEXする事を選んだ。

e0552_07.jpge0552_08.jpge0552_09.jpg

晒し者になった初体験と引き換えに、弘美さんは友達グループの中の「玩具」というポジションを手にしたのだ。
それからは前述の様な無理難題を無茶振りされて、流される日々だったという。

現在、友達グループは大学にエスカレーターで進学、弘美は就職した。
友達グループとは、電話が掛かってきたりと今でも繋がっている。
しがない会社勤めの彼女にとって、友達といえるのは彼女らだけなのだ。
とある日、久しぶりに皆で集まろうと言われ集まった居酒屋で、弘美はまた玩具としての使命を請け負ったのだ。

「こういうのあったから送っといてあげたから・・・アンタ絶対Mだから丁度いいよ?」
「きっと人生観とか変わるよ?」

「え・・・?」

「絶対に出なよ?何事も経験だし!出た方がいいよ!」
「それでSMってどんな感じなのか感想教えてよ。友達でしょ?」

これが今回のMiRACLE応募の真相だった。

e0552_c3.jpg

こうして彼女は緊縛調教されにやってきたのだ。
その豊満なFカップのバストに縄が掛かっていく。
ベストごしに胸を締め付ける縄は、脱衣時のバストのボリュームを予感させる。
本当にデカい胸は着衣の上から見るだけで分かる面積容積の違いというものがある。
彼女のバストはまさにそれで、揉まずとも視覚的に味わう事が可能なバストである。

ベストをひんむくと、パツンパツンのブラウスが登場。
こぼれ落ちんばかりの大容量で張り詰めたブラウスにはブラジャーが透けている。
これは悩ましいと言わざるを得ない。

ブラウスの前を開くと、まっ白い肌の大きなバストがたわわに実っている。
むちゃくちゃに揉みしだいてやりたい欲求は次の瞬間MAXを超える。
ブラジャーをずらしたのだ。
ピンク色のキレイな乳首と崩れない巨乳房のコンボが炸裂した瞬間であった。

e0552_10.jpge0552_11.jpge0552_12.jpg

この娘、ほんとに乳がエロい。
なんていうんでしょうこの柔らかそうでいて張りのある感じである。
ソファに座らせてオマンコを指で愛撫。くちゅくちゅとHな音を立ててしまうムッチリ巨乳ちゃん。

まんぐり返しにして乳首にクリップしながらのバイブ挿入。
ピストンしてやると、今日一番の可愛い喘ぎ声を出す巨乳ちゃん。
だんだん動物みたいになってきて大変にいやらしい。

顔を真っ赤にして乳首立ちっぱなしな巨乳ちゃん
最後にもう一度大好きな膣の中を指でほじくってあげると、またまた潮を噴いてイってしまうのでした。

e0552_c4.jpg


※こちらの無修正SM動画はミラクル本体では公開終了しました。
★近日こちらのブログ内で期間限定で特別公開予定です。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment