FC2ブログ

週刊少年ザビエルえろす~SMのすすめ21世紀~

SMでセックスを楽しくしよう推進委員会 presented by SM MiRACLE

【調教レポート0853】典子 ~腕1本&指3本!驚愕の四次元膣ポケット!~

e0853_1.jpg

前回調教時の彼女といえば、やはり戸惑い・・・というか心の壁を作っていた様に見受けられたものだが、今回はハナからMモード全開である。
SM世界の洗礼を受け、自分の心を剥き出しにする事ができたのであろう。

そもそも典子がミラクルに来た理由は、夫の浮気をひとつのトリガーとした心の揺らぎにあった。(勿論、彼女の中に潜在的に眠っていたものがあっての事だが・・・)
しかし、夫が不貞を働いたからといって、彼女は男根を受け容れることはしなかったのだ。
自身の中で、それだけはいけないという気持ちがあったのだろう。
人前で痴態を晒した事は、確かに夫や家族に対する裏切りといえるかもしれない。
だが、それでも一線を超えなかった事で、彼女はまた日常へと戻っていける筈なのだ。

とはいえある意味、男の肉棒以上のモノを挿入、抽送され、激しく果ててしまうのだが・・・

e0853_2.jpg

「犬は嬉しかったら、もっと尻尾振るだろ?」
そんな風になじりながら、四つん這いの熟女の尻を叩く。
耳に息を吹きかければ肩をすぼめ、乳首を摘まんでやれば、痛そうに呻きながらも先端を硬く尖らせていく彼女。

典子の体温は上がり、頬が紅潮している。
痛みと解放その連続に、敏感になりすぎた乳首は、ちょっと擦りつけただけの荒っぽい刺激でさえ、快楽を感じてしまう・・・

さらに陰部への刺激を受けると、盛りのついた牝猫のごとく、だらしない姿を晒す2児の母なのだった。

e0853_3.jpg

腰を抱かれて乳首に吸い付かれると、蕩けるような情欲に身を任すしかない典子。
日ごろは強い彼女が見せる淫靡な表情は、それだけで観る者の注意を惹きつける。

そして熟女は、自らのショーツの内側で、密かにクリトリスを勃起させていた。

節操のない充血したクリトリスを舐めあげてやると、悲鳴をあげて感じる典子。
声を押し殺すようにして昇天したかと思えば、今度は激しく潮を吹いて半狂乱になる。

さらに膣内にバイブを挿入してやると、またしても声が大きくなる・・・
「もっと大きいのが入るだろう?」
前回も彼女が膣で呑みこんでみせた大根は、さらに深く、ズブズブと、膣の奥深くにめり込んでいくのだった。

e0853_4.jpg

「1本、2本、3本、4本、5本分、全部拡がってる。。。」
そして手首まで・・・
熟女の秘裂は全てを呑みこんでしまった。

拳ごと膣に突きこんでピストン。
或いは、膣内で指を伸ばし、中を掻きむしる。
さらには子宮の入り口を掴み、ほじり続けてやると、手首ごと咥えこんだまま昇天する典子なのだった。

さらにアナルにも指を3本挿入・・・膣には腕一本。
そのまま尻穴をほじられ潮を吹き、全てを咥えこんで熟女は絶頂を迎える。
まるで生まれたての赤子の様に、泣きじゃくるような喘ぎ声を上げて・・・

e0853_5.jpg


▼実際の調教の様子はこちら(ダイジェスト動画)


→全編動画はこちらで有料公開中。よろしければどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment