FC2ブログ

週刊少年ザビエルえろす~SMのすすめ21世紀~

SMでセックスを楽しくしよう推進委員会 presented by SM MiRACLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【調教レポート0863】ちなみ ~ミノムシの如く、這いつくばり身悶える・・・~

e0863_1.jpg

黒のラバーが鈍く光を反射している。

しばらく放置した後、戻ってきてみると、
こちらの気配を感じて怯えたような様子の彼女。
安心できるように頭に触れてやる。

この米国製の拘束スーツは、
かなりの厚みがあり、相当頑丈な作りになっている。

つまり、華奢な彼女がどれだけあがいたところで、残念ながら、この拘束を破る事は不可能なのだが、彼女はいつまでもモゾモゾと蠢き続けている。

e0863_2.jpg

こちらも米国から直接取り寄せた特殊開口ギャグ。
その銀の穴から、吐き出される彼女の吐息が、いやに卑猥に響く。
喉の奥から直接乾いた音が鳴り、それが天井の高いこの室内に反響しているかのようだ。

愛しさがこみ上げ、ラバースーツの上から乳房を愛撫してやり、さらに彼女の顔を舐めてやると、呻き声を上げて悦ぶ彼女。
そのまま無言で、ただただ責め続けてやると、健気な彼女は、ただただそれを受け止めてくれた。

e0863_3.jpg

拘束スーツの臀部にあるチャックを開くと、白い肌が覗く。
そのままチャクを下ろすと、尻肉の割れ目がお目見えする。

スーツに直接腕を突っ込んで、直接膣を愛撫。
さらにはチャックから電マを差し入れる。
スイッチを入れた瞬間からビクビクと小刻みな反応。
とても悦んでくれているようだ。

ラバースーツの中で、足をモゾモゾと暴れさせているが、もちろん動くことはできない。
彼女にできることは、ただ芋虫の様に身体をよじる事だけ。

おもむろに電マの振動を強くしてやると、マットからずり落ちるのではないかと思うほど、激しく身体を暴れさせる彼女なのだった。

e0863_4.jpg

股間の穴から、肉棒を挿し入れる。
こちらのモノが大きすぎるのか苦しそうに喘ぐちなみ。

ふと、彼女の乳房を観たくなったので、スーツ前面のチャックを下す。
すでに膣内に肉棒を挿し入れられているというのに、今さら乳房を手で隠す彼女。
随分と恥ずかしがり屋さんのようだが、そのままスーツを全て脱がし、生まれたままの姿を堪能する。

とはいえ、こんな風にされるのが嬉しいのだ。
事実、拘束が解かれても、彼女は逃げようともせず、モノのように扱われるSEXを、華奢な体と擦れた声で受け止め続けた。

▼実際の調教の様子はこちら(ダイジェスト動画)


→全編動画はこちらで有料公開中。よろしければどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。